多様な主体との連携・協働のページへ センターのトップページへ

平成28年度千葉県と連携大学との研究成果発表会
野生生物の保護管理〜野生鳥獣の増殖と外来生物問題を中心に〜

県では、県内にキャンパス等を有する8大学と生物多様性や自然保護に関する連携協定を締結しており、その一環として、毎年研究成果発表会を開催しています。今年度は「野生生物の保護管理」をテーマに、イノシシ、ニホンジカ、キョン等について、各大学関係者、地元銚子市及び県から合わせて24件の発表が行われました。

開催日時等

  1. 日 時 平成28年11月26日(土)午後1時から午後4時20分まで
  2. 会 場 千葉科学大学マリーナキャンパス4号館
    防災シミュレーションセンター(銚子市潮見町15番地8)
  3. 主催者 千葉県
  4. 共 催 江戸川大学・千葉大学大学院園芸学研究科・千葉科学大学・千葉工業大学・東京大学大学院新領域創成科学研究科・東京海洋大学・東京情報大学・東邦大学・銚子ジオパーク推進協議会
  5. 定 員 先着100名(参加費無料)
    エクスカーション(参加費無料・保険料150円)

問い合わせ先

千葉県環境生活部自然保護課 生物多様性センター 大学連携担当
〒260−8682 千葉市中央区青葉町955−2(千葉県立中央博物館内)
TEL043−265−3601 FAX043−265−3615
E-mail bdc(a)pref.chiba.lg.jp
(a)を@に変更して送信してください。

    開会・挨拶
     野溝慎次(千葉県県環境生活部自然保護課長)
     堀本政夫(千葉科学大学副学長)

    口頭発表

    • 銚子市におけるイノシシの生息状況
       加瀬ちひろ(千葉科学大学)
    • 野生生物の保護管理のための空間情報整備
       原慶太郎・平山英毅(東京情報大学)
    • 護岸工事による染井入落の環境変化
       生沼美夏(江戸川大学)
    • どのようにジオ多様性、生物多様性をまもり活用するのか? 〜銚子ジオパークの取り組み〜
       岩本直哉(銚子市生涯学習スポーツ課)
    • 千葉県における野生獣の管理及び防除状況
       岩城光(千葉県環境生活部自然保護課)

    ポスター発表

    • 中型獣類の効果的な対策手法を探る−対象種の繁殖生態に着目して−
      鈴木規慈(千葉県生物多様性センター)
    • アマモのある水域とない水域における魚類相の違い
      菅原将太(東京海洋大学)・梶山誠・島田裕至(千葉県水産総合研究センター東京湾漁業研究所)・谷田部明子・河野博(東京海洋大学)
    • アライグマの低密度域における効果的捕獲のための足跡残 存適地推定
      廣瀬未来・長谷川雅美(東邦大学)
    • 印旛沼流域における特定外来生物ナガエツルノゲイトウの分布拡大−揚水機場を通じた河川から水田そして再び河川への拡散過程−
       鈴木広美・長谷川雅美(東邦大学)
    • 千葉県におけるアライグマの遺伝学的解析
      吉田和哉・井上英治(東邦大学)
    • 「川ガキによる外来生物モニタリング」の可能性−身近な中小河川の友達度・安全度・多様度を踏まえた環境教育−
      須藤拓弥・五明美智男(千葉工業大学)
    • 蓮沼海浜公園ボート池におけるミシシッピアカミミガメの繁殖
      村上和仁・高野瑠巳・長谷川友哉・古岩和也(千葉工業大学)
    • モデル生態系マイクロコズムを用いた外来生物の影響評価
      村上和仁・小熊惠・佐藤歩(千葉工業大学)
    • 利根川河口域における地上性哺乳類および鳥類の生息分布調査
      齊藤幸菜・加柴優花・加瀬ちひろ・内川隆一(千葉科学大学)
    • 神栖市の波崎海岸に打ち上げられたウミガメについて
      加藤史朗・内川隆一(千葉科学大学)
    • 銚子市の牛舎における肥育牛用濃厚飼料の盗食被害について
      千田はづき・加瀬ちひろ
    • 銚子市内のキャベツ畑におけるヒヨドリ防除効果の比較
      菅野広大・加瀬ちひろ(千葉科学大学)
    • キョンの場所選好性の検討
      原田慎太郎・加瀬ちひろ(千葉科学大学)
    • 南房総天然林におけるニホンヤマネGlirulus japonicusの生息確認調査
      坂本佳奈・加瀬ちひろ(千葉科学大学)
    • キョンにおける侵入防止柵の効果検証
      佐藤那美・加瀬ちひろ・小濱剛(千葉科学大学)
    • 房総半島で食用とされるニセマツタケTricholoma fulvocastaneumの分類学的再検討
      糟谷大河・浪川真奈・梨木之正・保坂健太郎(千葉科学大学)
    • 国内におけるハイマツ林の外生菌根菌相
      小泉敬彦・奈良一秀(東京大学大学院)
    • カシ類の葉に内生するTubakia属菌群集の生態
      森永健太・松村愛美・松下範久・福田健二(東京大学大学院)
    • シカの採食が捕食性昆虫に及ぼす間接的影響
      佐藤司郎(東京大学大学院)
    • 地域の自然再生事業への植生史資料の活用
      百原新(千葉大学大学院)

    総合討論
    座長:糟谷大河(千葉科学大学)

  • 要旨はこちら(PDF:2.6MB)


口頭発表


ポスター発表


総合討論


エクスカーション:竹林の中のイノシシ生息地(銚子市長山町)


エクスカーション:畑を横切るイノシシの足跡(銚子市長山町)


多様な主体との連携・協働のページへ センターのトップページへ