企業と生物多様性セミナー センターのトップページへ
第17回企業と生物多様性セミナー
生物多様性ノーネットロスをめざして

- セミナー報告 -
会場:千葉県立中央博物館 講堂

日時:平成28年10月19日(水)14時〜16時

主催:千葉県自然保護課・千葉県経済協議会・千葉県環境保全協議会

参考:申込書兼チラシ(pdfファイル:595KB)

セミナーの様子


講演 : ブリヂストングループの生物多様性への取り組み〜生物多様性ノーネットロスを目指して〜


    (株)ブリヂストン CSR・環境・品質経営企画本部 CSR・環境戦略企画部長
    稲継 明宏 氏
   
   - 講演内容 -    
 ブリヂストングループは、企業理念の「使命」として掲げる「最高の品質で社会に貢献」を実現するため、CSR活動を推進しており、サステナビリティ課題における重点領域の一つとして、「環境」を設定している。
 軸のぶれない環境活動を実践するためのよりどころとして、グループ・グローバル共通の「環境宣言」を掲げ、「自然と共生する」、「資源を大切に使う」、「CO2を減らす」の3つの活動を通じて、持続可能な社会の実現を目指すこと、及びステークホルダーと連携して誠実に取り組むことを宣言している。
 また、持続可能な社会の実現に向け、2012年に2050年の世界を見据えて環境長期目標を策定。「自然と共生する」活動においては、「生物多様性ノーネットロス」(事業活動が与える生物多様性への影響を最小化しながら、生物多様性の復元等の貢献活動を行うことによって、生態系全体での損失を相殺するという考え方)を長期目標に掲げ、日本国内外で森林整備活動や絶滅危惧種の保護活動といった生物多様性の保全への貢献活動を進めている。
 今回は、長期目標として「生物多様性ノーネットロス」を掲げた経緯や、活動を推進する上での考え方、苦労した点などの具体的な事例を交えつつ、長期目標達成に向けた当社グループの取り組みを紹介する。

参考:配布資料(pdfファイル:4.4MB)


千葉県からの報告 : 街中の鳥を観察して環境を知ろう


   千葉県生物多様性センター 嘱託 中込 哲
 スズメやカラスの仲間等、街中の様々な環境で観察できる身近な鳥を紹介した。さらに観察道具や図鑑も紹介し、観察するコツについても丁寧に解説した。

参考:配布資料(pdfファイル:2.2MB)


千葉県からのお知らせ : 「ヒメコマツ系統保存サポーター」募集の御案内


   千葉県生物多様性センター 副主幹 御巫由紀
 千葉県に分布するヒメコマツが絶滅の危機に瀕している現状を報告し、ヒメコマツの系統保存に協力していただけるサポーター企業を募集している旨を報告した。

参考:配布資料(pdfファイル:0.6MB)


企業との連携推進へ センターのトップページへ