絶滅危惧種の保護・回復のページへ 展示・講座・イベントのページへ センターのトップページへ
平成27年度ミヤコタナゴ保全シンポジウム終了しました
 

  ミヤコタナゴは、かつては千葉県内に広く生息していた、千葉県を代表する淡水魚です。しかしながら、生息環境の悪化や絶滅危惧種の影響などにより、現在では絶滅の危機に瀕しています。そのため、ミヤコタナゴは、天然記念物(文化財保護法)及び国内希少野生動植物種(絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律)の指定を受けています。
 この度、県民の皆様にミヤコタナゴについての理解を深めていただくとともに、保全の機運を高めることを目的として、シンポジウムを開催しました。 シンポジウムでは、魚類写真家、地元保護団体、地元市町、研究者等の皆さんからミヤコタナゴの魅力と不思議な生態、保全活動などを紹介していただき、千葉県のミヤコタナゴを守るために、参加者の皆さんとその将来像を模索しました。

 
   
  • 日 時: 平成28年2月20日(土) 午前10時~午後4時30分
         (ポスター発表 午前10時~午前11時30分
          シンポジウム 午後1時~午後4時30分)
  • 場 所: 千葉県立中央博物館 講堂(千葉市中央区青葉町955-2)
  • 定 員: 150名(当日受付)
  • 主 催: 千葉県、環境省
  • 後 援: 文化庁、千葉県教育委員会、御宿町、茂原市、いすみ市、勝浦市、日本魚類学会

  • 問合先: 〒260-8682 千葉市中央区青葉町955-2
    千葉県生物多様性センター
    TEL: 043-265-3601
    FAX: 043-265-3615
    電子メール: bdc(a)mz.pref.chiba.lg.jp [(a)を@に変えてください]
 

【ポスター発表】 ミヤコタナゴを始めとしたタナゴ類の保全に関わる博物館、水族館、自然保護団体、行政担当者、研究者等の皆さんから、その取組(12件)をポスターを用いて発表しました。【順不同】

【シンポジウム】