絶滅危惧種の保護・回復のページへ センターのトップページへ
ヒメコマツ回復計画について
   
◎ヒメコマツ回復計画(平成27年3月31日 改訂)
ヒメコマツは山地性の常緑の高木で、樹高約 30 m、胸高直径 1 m に達するマツ科の針葉樹です。房総丘陵の個体群は、本種の標高的な分布下限であるとともに、気候的に最も温暖な地域の一つに分布する特異な個体群として、学術的に非常に重要です。
 
ヒメコマツの稚樹
ヒメコマツの稚樹
ヒメコマツの稚樹
生き残ったヒメコマツ
 
しかし、房総半島のヒメコマツは、1970年代以降マツ材線虫病の影響などにより急激に個体数が減少し、現在、自生する成木は80本程度となってしまいました。また、自生する若い個体はほとんどなく、天然更新がさまざまな要因により阻害されていることが明らかとなり、県内の個体群の絶滅が危惧されています。

    ※こちらから千葉県ヒメコマツ回復計画(PDF:約1.1MB)をダウンロードできます。


ヒメコマツ観察会の参加者募集を行います(平成31年1月18日(金)締切;平成31年1月27日(日)実施)。 new!!
房総丘陵のヒメコマツ(別名ゴヨウマツ 五葉松)は、氷河期の遺存種と考えられており、生態学的にも貴重な個体群です。かつては数千本単位で生育していましたが、さまざまな要因で75本にまで減少してしまいました。千葉県では本種を「最重要保護生物」に選定し、平成21年度に「ヒメコマツ回復計画」を策定して保護・回復事業を行っています。平成27年度からは「ヒメコマツ系統保存サポーター」として広く一般の皆様にもヒメコマツ保護にご協力いただいています。
房総丘陵にわずかに残されたヒメコマツ自生地をご案内しますので、ふるってご参加ください。案内チラシもご覧ください

・日 時  平成31年1月27日(日),9:40〜14:20  (前日または当日の雨天で中止)

・場 所  清和県民の森とその周辺のヒメコマツ自生地(君津市及び富津市)

・講 師  尾崎煙雄氏 (千葉県立中央博物館 主任上席研究員)

・定 員  20名(先着申込順)

・参加資格 中学生以上、健脚向き。
一部急峻で危険な箇所がある。往復3〜4時間程の舗装されていない山道を歩ける人。

・申込方法 はがき・FAX・電子メールのいずれかで、必要事項[お名前、年齢、住所、電話番号]を ご記入の上、下記までお送りください。

・申込締切 平成31年1月18日(金)必着。定員になり次第、受付終了。
参加決定者には、当日の詳細に関するご案内をさしあげます。

・宛 先  〒260-8682 千葉市中央区青葉町955-2 千葉県生物多様性センター
TEL: 043-265-3111
FAX: 043-265-3615
e-mail: bdc(a)mz.pref.chiba.lg.jp ((a)を@に変えてください)


ヒメコマツ系統保存サポーターの3次募集を行います(募集・配布:平成30年3月6日(火)〜)。 new!!

   ※クリックして下さい。

平成29年度房総のヒメコマツ観察会のお知らせ(締切:平成29年11月20日)※終了しました

平成28年度ヒメコマツ系統保存サポーター(団体)の募集を行います(募集:平成28年6月16日〜;配布:平成28年6月20日〜)。※終了しました

 

≪平成27年度の主な取組≫

ヒメコマツ保全協議会の開催: 専門家・行政・NPO等で構成する協議会(平成20年度設置)を継続して開催し、課題の検討を行います。今年度は回復計画(行動計画)の見直しも行います。
≪平成26年度の主な活動実績≫
ヒメコマツ保全協議会を継続して開催し、課題の検討を行いました。
ヒメコマツの稚樹
球果をつけたつぎ木苗(上総試験園)
◆過去の活動実績=平成23年度 平成24年度  平成25年度

 

≪取組がメディアで紹介されました≫
    
≪公表された成果等≫

取り組みの実施機関・関係機関

絶滅危惧種の保護・回復のページへ センターのトップページへ